cover image
🌵

ブログの書き方を聞いて学んだ話 ①

カテゴリ
Other
書いた人
Tatsuya Sasaki
URL
公開日
2021/09/22

目次

 
はじめまして!diddyworksでエンジニアしてる佐々木です。
これまでほとんどブログを書く機会がなかったので、いざブログを書くとなると手が進まずに悩んでいました。 ある日の1on1で相談したところ、書き方を教えていただいたので記事にすることにしました!
同じように手が進まなかった経験がある方や、これから記事を書こうとしている方の参考になれば幸いです。
 

伝えたいことを明確にする

結論から言うと「伝えたいことを明確にする」を書き始める前にしっかりと行うことが大切ということです。 伝えたいことが絞りきれていれば後は枠組みを作って、肉付けをしていくだけになるため文章が書きやすくなるとのことでした。
 
伝えたいことを明確にするためにどうするかですが...
  • 自分を客観的に見る
  • 徹底的に深掘りして考える
    • その際には「なぜ?」を5回繰り返す
    • 書くボリュームが増えそうなときは別記事に切り出す
といったことを行います。
 
「徹底的に深掘りして考える」を行うことで、伝えたい内容のポイントをより絞ることができるようになります。 また、深掘りしている過程でなぜ伝えたいのかといった理由を考える必要ががでてくるため、あとから肉付けをする際の材料にもなります。
 
深掘りして考えて伝えたい内容が明確になったら、それがブログのタイトルだったり、まとめの文章になるので、あとは深堀りしていたときに出てきた材料を組み合わせて文章を作ることができます。
 

感じたこと

教えていただく前は深堀りしてから作った枠組みを考えることはしていなかったので、適切に枠組みを考えることができていませんでした。
適切に枠を作れていない状態で枠の中にあった内容を考えようとしていたことも、手が進まなくなっていた原因だと思います。
 
プログの書き方を教えていただく中で、書きにくい状況を自分自身で作っていたのだと気づくことができました。
枠組みの中で文章を書きにくいのであれば枠組みを変えたり、枠組みに収まらない内容を書きたいと思ったのであれば別に切り出すなど、文章で解決するのではなく構造自体を変更してしまうなどで柔軟に対応できれば良かったとも思いました。
 

最後に

伝えたいことが明確かを意識しながら文章を考えるようにしていきたいと思います。