cover image
🎨

スタートアップ企業でタスク管理ツールClickUpを入れてみたら凄かった

カテゴリ
Tool
書いた人
Yuta Sano
公開日
2021/08/14
💡
概要
最近、diddyworksのエンジニアチームで新しく「コツコツ運動」というものをやっています。
コツコツ運動とは、「毎週15分やりたいことに取り組む時間」を設けて中長期的に開発の生産性向上をしていこうと運動です。
現在、開発支援をしつつ自社開発をするという体制なの、、、
 
🚀
記事はこちら!
スタートアップ企業でタスク管理ツールClickUpを入れてみたら凄かった
お詫び: 間違ってUnlimitedプランの無料トライアルで使っていたことに後で気づきました... 紹介している内容の一部はUnlimitedプランでしか使えない機能もあるので、気になる方は公式サイトをみてください。 diddyworksのエンジニアをやっています。 最近、diddyworksのエンジニアチームで新しく「コツコツ運動」というものをやっています。 コツコツ運動とは、 「毎週15分やりたいことに取り組む時間」を設けて中長期的に開発の生産性向上をしていこうと運動 です。 現在、開発支援をしつつ自社開発をするという体制なのでどうしても自社開発の時間が限られているというジレンマがあり、その中で エンジニア同士で話をしたときに「あれ改善したいよね」という話を出るものの中々着手できずにいました。 そこで、 自社開発の日に5分でも10分でも改善する時間を設けようと提案したところ爆速で取り入れてもらえました。 (弊社のバリューの一つに「やってみる」というものがあり、これも弊社のいいところですね。) そして、コツコツ運動を始めたばかりなのですが、タスク管理にTrelloを使っており、 ガントチャートはNotionで、タスク管理はTrelloとバラバラになっていたり、Trelloじゃないとダメなわけではなかったみたいなのでこの機会にClickUpを導入してみました。 企業で導入するときにまず気になるのが料金まわりですよね。 ClickUp™ Pricing | Free Forever, Unlimited, & Business Plans 無料で以下の機能が使えます。 ClickUpのすごいところが 無料でメンバー無制限使えるということです。メンバー数が増えてきたら有料になるツールが多い中で、メンバー無制限で使えるというのは大きいです。 また、無料だとスペース数は5つまでと制限はありますが、とくに問題にはならなそうです。 完全な料金の比較を見たい方は公式サイトを参照してください。 次に気になるのが無料でどこまで使えるの?という点でした。 ここに関してはまだ導入したばかりでとりあえずコツコツ運動のタスク管理で使ってみようという感じなのですが、 実際に皆に触ってもらった感じだと「UIがおしゃれ」「多機能」という感じで良さそうという感想でした。 そこで実際に触ってみた機能について触れていきたいと思います。 まず、ユーザー招待です。 招待画面右上の欄に招待したいユーザーのメールアドレスを入力して「Invite」とすると、招待メールを送信できます。 権限もAdminとMemberが設定できます。 ClickUp's Hierarchy - Structuring Projects in ClickUp™ いまはとりあえず全員が触れるようにAdmin権限にしています。 ClickUpは階層構造が作れます。 詳しくは公式サイトを参照してください。 ざっくりですが、ワークスペースが企業単位でワークスペースのスペースが複数作れます(無料だと最大5つまで)。 スペースはチームや部門などの単位で分けたりするようです。 このスペースの中に、タスクを管理するためのリストを作成することでタスク管理を行えます。 スペースの設定画面では、 などの設定を行えます。 ここで重要なのが、 「タスクのステータス」「Apps」「ビューのデフォルト設定」の3つです。 タスクのステータス ワークスペース毎の設定になります。 このようにステータスをカスタムすることが可能です。 Listビューが必ずデフォルトビューになるようです。 Apps Work In Progress Limitsというアプリ以外は無料プランでも有効にできました! 無料でこれだけの機能が使えるのはすごい...